高齢化社会を前にして

日本の社会は資源国を除けば非常に恵まれた医療環境にあると言えます。天然資源が豊富に生産されている様な国では医療制度が無料であるということは珍しくないのですが、そうではない国で国民皆保険制度を敷くことで医療の負担を一律で低減させる制度を構築して維持しているのは、日本が世界に誇るべき内容であると言えるでしょう。海外において医療費が無料ではない国では、一般にかなり高い医療費を請求されるケースが多くなっています。そのため貧しい世帯は十分な医療を受けることが出来ないケースも珍しくありません。皆保険制度がないために自費で保険に加入する必要があるのですが、これもまた高額な費用が必要になる仕組みがあるのです。 しかしこの様な制度は多くの労働者人口が日本社会を支えていた時代にこそうまく機能しましたが、今後より進んでいくと考えられている高齢化社会においては深刻な問題になっていくことが予想されています。将来的には以前の様な手厚い社会保障を受けることはできなくなるかもしれません。これは高齢化社会の進行によって利用制度を下支えする労働者人口と高齢hさ人口の比率がアンバランスになるためです。この様な高齢化社会においては従来の様な高齢者の負担軽減措置を継続することは難しいかもしれません。 そのため現在高齢化社会を前にして勧めておかなくてはならないのは、高齢化社会が深刻かつ修復不可能な状態になる前に少子高齢化の問題を解決する必要があることです。この様な問題の解決に成功することが出来れば労働者が増えることによる保険料収入の増加にもつながりますし、人口ピラミッドのアンバランスも是正されることになるでしょう。この様な問題の解決は世界中で深刻な問題として考えられていますが、日本の高齢化社会の問題は世界的にも最先端を行っています。そのため日本がこの問題に対してどのように取り組み、立ち向かうのかを海外の多くの国が見ているのです。

高齢者の負担は現役世代に

近年では、少子高齢化社会が急速に進んでいます。子供の出生数は年々減少してきている一方、高齢者の数は大幅に増加し続けているのです。年齢を・・・詳細は見出しから