子供の医療機関が

子供は風の子ということわざがあるように、多くの人が幼い内は何もしなくても健康で元気なのが当たり前と思っているかもしれませんが、もうそれはかなり昔の話となっています。 最近の子供は必ずしも風の子と呼ばれるように元気な子ばかりではなく、ちょっとしたことで体調を崩し、厄介な疾患やアレルギーを引き起すようになっているということは、実際にそうした子供を持った親にならないと気がつくことは少ないでしょう。 文明が発達し、生活が便利になったとしてもその影響で幼い子の健康が衰えてきてしまうのは無関係ではありません。 もちろんそうした健康が悪化する原因をどうにかすることも必要なのですが、それよりもまず現状でそうした体の弱い子供を無事に成長させるための子供のための医療機関の活用方法を考えることの方が大切です。 医療機関と言えば、今では社会問題ともなっている医師不足に看護師不足であり、十分に患者を診る人員を確保できている病院や地域は年々少なくなってきています。 そのため、都市部から離れた地方の世帯など体調を崩した子供のためにわざわざ遠い都市部の大きな病院まで足を運ぶしか無いという状況になっているのです。 風邪などのたいしたことの無い疾患だったのなら移動のためのコストだけの問題となりますが、命に関わる疾患であり緊急を要する事態であったならその移動時間がまさにその子の命に関わってきます。 たとえ設備など整っていない小さな診療所であっても、何かあったら直ぐに駆けつけることができるかかりつけ医が近くに存在してくれるだけで、子供の命の危険は限り無く小さくすることができるようになるでしょうし、移動のための負担も低く抑えることができます。 なにより、病院に通院するだけで少なくない負担が強いられると自然と病院から足が遠のくというのは子供に限った話でもありません。 これからは地方の人でも医療機関に通院する負担が増すことが無いように、医療機関を日本各地に増やしていくことが必要なのです。

小児科の減少が止まらない

昨今、小児科の減少が問題と ・・・詳細は見出しから